ONE LOVEサポーターになる

現在142頭の保護犬が新しい家族を探しています。いままでに2061組の飼い主さんと犬を笑顔にすることができました。

ご希望条件にマッチした保護犬が登録されるとメールをお送りすることができます。詳細はこちら

比較リストを見る

PAK(Paws Adoption かながわ)~保健所の犬猫を救う会~(それ以外/なし)

  • 団体の特徴
    6名の活動会員が収容施設に出向き、収容犬(猫)をレスキューし、自宅でケアしています。
    自宅での保護には限りがあるため、一時預かりボラティアさんにご協力いただいています。

    鎌倉市内で月1回里親会を開催しています。
    「PAK活動報告書」と‘PAK News Letter’を年3回発行しています。

    毎年、神奈川県動物保護センター主催の‘動物愛護の集い’に参加し、啓蒙活動を行うほか、東京都動物愛護相談センターの会議に出席し、行政と連携しながら動物たちのQOLの向上を願って活動しています。
  • 活動理念
    PAK~保健所の犬・猫を救う会は、2002年1月、保健所等の施設に収容され、殺処分されようとしている犬・猫を 救いたいと願う数名の有志で立ち上げた動物愛護団体です。
    皆さまのご支援・ご協力により、過去9年間で1,608頭を越える犬・猫を新しいご家族の元に送り出すことができました。
    PAKのサイトでは、地域で捕獲されたり、飼い主などから持ち込まれた収容犬や収容猫をレスキューし、新しい家族への橋渡しをする目的で里親募集をおこなっています。
    今後も殺処分場に収容され、ガス室での死を目前にした犬猫たちを救い、新たな家庭を探していくこと、さらに、飢えと寒さ等で命を落としていく地域猫たちの幸せを願って、活動していきたいと思っております。

この団体にはまだ保護犬が登録されていません。